お急ぎの方はお電話で

リーフログ樹木葬
〜自然に還る、その地に還る〜

樹木葬とは、自然葬のひとつで
自然の山木や草花の下にご遺骨を埋葬し
故人を偲ぶお墓のことを指します。
リーフログの樹木葬は、自然に還ること、その地に還ることを大切にしています。

また、墓前に手を合わせることにより
故人との絆を確認する機会として
明るい庭苑、明るい供養も大切にしています。
そして、リーフログはさまざまなタイプをご用意いたしました。
最大で8名まで納骨可能なスペースはあるため
おひとり様、ご夫婦様、ご家族様と一緒にいられます。

従来のお墓とは異なり「お墓の管理は基本的にお寺」「後継ぎは不要」
「従来のように高額ではない」「永代供養」であることで
さまざまなご要望にも応えられる安心さもご提供いたします。

リーフログの使命

リーフログの使命は「素晴らしい供養」をお手伝いさせていただくことです。

樹木葬を通じてお墓参りにこられた人にとって、故人との、その絆に想いを馳せることができるように
お手伝いをさせていただきたいと思っています。

リーフログの名前には、「幸福」「つながり」「想い」「感謝」「自然」の5つの意味が込められています。

だれもが最後に来るという意味では「終の棲家」であるいといえます。そこに集まる人々は、人生において大切な方々です。

お墓参りは、故人に想いを馳せ、絆を確かめるそんな大切な機会です。

お墓参りにこられる人が安心してお墓参りができる
そんな素晴らしい庭苑をわたしたちは作っていきたいと思っています。

リーフログのロゴ

「リーフログのロゴは、周囲の丸は満たされた「幸福」を表し、L字型に入ったラインの1本は「つながり」を表し、1本は「想い」を表し、1本は「感謝」を表します。それらは重なりはその人との時間です。そして、葉っぱは、「自然」を表します。

リーフログの由来

〜生きた証が自然に残る〜

生きた軌跡、証をリーフ(葉)に重ね合わせ死を想う前向きな名前です。
まるで日記をつけるように、想いを葉に記録を残していきます。
自然の葉にその後を委ね、葉とともに生きていく姿は、これからも大きく、そして力強くこの世に残っていきます。
生前の姿そのままに今も青々とその姿を見せ、見る方、拝む方に元気を与える存在となります。

リーフログ樹木葬の特徴

後継を必要としない供養です

リーフログ樹木葬は、1名から利用できます。お一人様や、ご夫婦などで利用するケースがほとんどです。

安心の永代供養付きです

納骨後13年間経ったあとには、合同供養墓に納骨し、ご住職により永代にわたって供養いたします。

樹木をシンボルとしたお墓

シンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されます。

お求めやすい価格

樹木葬の妥当な価格帯により地域のみなさまに納得していただけるようにしています。

年間管理費不要

リーフログでは、毎月、毎年の管理料の支払いは一切ありません。

お墓のお引越しも可能

今あるお墓のご移動も可能でございます。

これまでの宗教宗派は自由

宗教・宗派は自由なため安心してご利用いただけます。

スタッフブログ

no image

霊園の永代供養塔への移動...

2019/09/14    ブログ

みなさまお世話になります。リーフログ山梨樹木葬霊園のスタッフでございます。本日は・・・

» 続きを読む

no image

霊園の管理について

2019/09/11    ブログ

皆様、こんにちはリーフログ山梨樹木葬霊園のスタッフです。霊園の管理についてこちらご紹・・・

» 続きを読む

no image

ご住職の一日

2019/09/10    ブログ

皆様こんにちはリーフログ山梨樹木葬霊園のスタッフです。本日はご住職さんの1日につ・・・

» 続きを読む

リーフログ樹木葬のブランドの誕生の背景について

近年の“後継者不足によるお墓の管理が難しい”というお声を近隣のみなさまから多数寄せられていました。しかし、その一方で近場には存在せず、遠方にまで出向かなければご縁がない状況ということでした。
そのため、本寺院では、そのような状況を踏まえた、近隣のみなさまが安心して供養できる墓地を提供するため、樹木葬のご提供を始めさせていただくことにしました。

後継ぎがいなくてもよいリーフログの永代供養について

私たちがお伝えする永代供養とは、寺院が家族の代わりに永代にわたって供養することで、ご先祖様への気持ちを示すということが永代供養になっています。
社会環境(平均所得の低下、少子高齢化、核家族化)が加速してきたことで、地域における今までの供養の在り方が変わってきました。お子様が県外に移住していくことや、檀家としてお寺との関係が薄くなってきています。
さらには、「一体自分たちはだれに手を合わせているのだろうか?」とわからないお墓があるが、ご先祖様を蔑ろにもできないため守っていかないといけないなどで、永代供養が重要になってきました。

現地見学会ご希望の方は、問い合わせフォーム又はお電話でお問い合わせください